家族のためにカラダにおいしいフレッシュジュースをっ!

沖縄の長寿料理の特徴

沖縄の長寿の素は、沖縄料理にあると言われています。戦後最大の沖縄ブームの立役者の一つとして注目されたのが、この沖縄料理です。ゴヤーチャンプルー等の沖縄料理がつくりだす長寿の秘訣を散策してみましょう。

長寿をささえる沖縄の食文化、それは、400年前に栄華を極めたの琉球王朝の王朝料理が根源とされています。海外貿易国家として対中、対日、対南方貿易の拠点の一つとしてアジア全域が渾然一体となった文化それがチャンプルー文化です。昆布の取れない沖縄が昆布の消費量が日本一という事からも納得です。

数ある沖縄の長寿料理の中で最も重要なポジションがチャンプルーですが、バリエーションは圧巻です。大人気のゴーヤーチャンプル、麩と卵のチンプル、ソーメン炒め、ヘチマ味噌煮込み風、等 なのに調理法はほとんど同じといいますから驚きです。地産地消で亜熱帯の気候に対応した肉体を生み出します。

沖縄の長寿料理の特徴は他にも豆腐料理が多い、海藻類を良く摂る、豚肉を多用する、大人数で多品目を頂く、素材の部分ではなく丸ごと料理に活用する。このことから、推し量れる事は、バランスの取れた食品を多品目調理し、風土に合った食生活を送っている事が判ります。

白菜料理のレシピと漬け方

著 者: 武相荘翁

白菜料理のレシピと漬け方について
愚妻からの知識を主に書いてみます。

白菜(ハクサイ、
学名Brassica rapa L. ssp.pekinensis、syn.B. campestris L.)は、
アブラナ科の二年草です。

英語で"Chinese cabbage"といいますが、
その名のとおり原産は東アジアです。

葉が重なり合って球状になる結球ハクサイ、
球状にならない不結球ハクサイ、
その中間的形態の半結球ハクサイを
総合してハクサイ群あるいはハクサイ類とよんでいますが、
今日、白菜といえば、結球ハクサイのことをさすのが一般です。

草丈は約40cm。

葉は結球の外側は緑色をしていますが、
結球の内部へ行くほど黄白色になります。

日本での生産量は
ダイコン、キャベツに次いで3番目に多い野菜です。



白菜の旬は冬です。

霜に当たると甘みが出て美味くなります。

シャキシャキした歯ざわりがあり、
食物繊維やミネラルが豊富で、
煮物、汁物、炒め物、鍋料理、
キムチなどの漬物等に使われます。

味は比較的淡白で、
キャベツなどと比べると柔らかいです。

手に持つとズシリと重く、
葉の巻きがしっかりしていて、
頭の部分を押すと弾力があるものがおいしい白菜です。

カットされているものは、
芯の高さが1/3以下で、
切り口の断面が平らなものがよいでしょう。

ビタミンCは熱に弱いので、
キムチなどの漬物にすると損失が抑えられます。


スープの場合は
火力が強いと白菜の水分が逃げて
筋っぽくなるので“弱火でコトコト”、

逆に炒め物は
シャキシャキ感を消さないように
“強火でサッと”が
おいしい白菜料理のコツらしいです。



白菜は、
栄養素の含有量はそれほど多いとはいえませんが、
摂取量が多いので繊維質などの供給源として重要な食品です。

味にくせのない白菜は
和・洋・中、お肉に魚介なんにでもよくあいます。

たんぱく質と組み合わせ、
薬味にしょうがやねぎ、にんにくを加えることによって
血行を促進し、冷え防止にもつながります。



白菜料理のレシピについては
良くできたサイトを
沢山愚妻から教えてもらいましたので紹介します。


白菜 のレシピ 4,597品
http://cookpad.com/search/?keyword=%E7%99%BD%E8%8F%9C&l=0

旬の食材『白菜』
http://kurashi.hi-ho.ne.jp/diet/monthly_recipe/01a.html

【味の素KK】レシピ大百科 白菜
http://www.ajinomoto.co.jp/recipe/special/926/S1.asp

【キッコーマン】白菜料理レシピ
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/series/hakusai02.html

【キッコーマン】【ネスレ マギー Feel Good Cooking】白菜 レシピ
http://www.recipe.nestle.co.jp/ingre/hakusai/



ハクサイは
塩漬け、糠(ぬか)漬け、麹(こうじ)漬け、
キムチなど多くの漬物に用います。


今日は、
白菜の塩漬けの漬け方について書きます。

召し上がる時は、
洗わず、絞る程度にするので、
漬ける前に、白菜はよく洗い、
4つ割にして半日ほど天日で干します。


白菜 3株(6〜7Kg) あたり、
塩180g、こんぶ適量、とうがらし適量を混ぜ、

刻み昆布じゃない時は塩を振る時にいれます。


漬物桶に白菜をなるべく隙間なく並べ、
塩を塗りつけるようにふります。

塩が葉の間にも入るようにします。

その上に、
又白菜をならべ、同様に塩をふります。

これを続けると、
20型の桶で漬けて3段程度になります。

塩は上のほうが多くなるようにふります。

押し蓋をして、重石をかけます。

2日ほどで水が上がりますので、
重石を半分にします。

これで出来上りです。

大体、3、4日目位から、
おいしく食べることができるそうです。

食べる時は、水洗いせず、
絞る程度にするのもコツのようです。

気温にもよりますが、半月程は持つとの事でした。



***********************************************
徒然なるままに、翁覚書
http://shachou.seesaa.net/

original article
http://shachou.seesaa.net/article/37940790.html
***********************************************



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/



管理人オススメのハクサイの塩漬けをご紹介します。


昔ながらの二度漬け製法を貫いてます!
伝統製法の二度漬けで丁寧に漬込みました!白菜漬


おいしいおつけものを食べておくことは
自分で塩漬けを作る際にも、良い経験になると思いますよ。

細木数子流の料理レシピ

細木数子さんの料理レシピは今や大評判を呼んでいます。『細木数子 幸せって何だっけ〜カズカズの宝話』で紹介された細木数子流オリジナル料理レシピは 細木さんの長年の研究による料理のテクニックやちょっとした秘訣が満載で、多くの芸能人さんたちもお世辞抜きで美味しいと太鼓判を押しています。

銀座のお店のママだった細木数子さんは、お客さんの心を掴むための大きな要素として料理が大切だということに気が付いていました。そこで色々な料理の基 本から応用までを勉強して、今日の細木数子流幸せの料理レシピの完成をみたとのことです。

テレビでは短い時間に細木数子流料理のレシピを公開し、それに沿って実際に料理を作っています。細木さんが実際に作ってくれるのでイメージも湧きやすく、手軽で簡単でありながら美味しい細木数子流料理レシピを使って、ご家庭で細木流料理を美味しく召し上がってください。

細木数子流の料理レシピ通りに作ったとしても、細木さんが作るようにはいかないかもしれません。そしてあなたやあなたの家族の口に合う味ではないかもしれません。ですので何度も作ってみて細木和子流幸せの料理レシピをあなた流幸せの料理レシピに昇華させてみてください。

料理の名脇役・ネギ

著 者: 池田 康祐


ネギの別名、ご存知ですか? 「ひともじぐさ」っていうんです。

原産地は中国で2千年以上前から栽培されていたようです。もともとは薬用植物として利用されていたらしいですね。
日本でも風邪をひいたらネギを喉にはれば治ると言われています。

日本で栽培されているネギは
・白い部分を食べる「白ネギ」
・緑の葉の部分を利用する「葉ネギ」
に大別されます。

昔は風土の違いによって、関東には寒さに強い白ネギ、関西には暑さに強い葉ネギが広がっていましたが、現在ではどちらも全国に流通していますね。

近年、中国からの輸入物が増加傾向にありますが、鮮度や安全を考え、国産じゃないとダメだ!!との根強い意見も多数あります。

かくいう私も国産が好きです。鍋にいれた時の味が全然違いますから。

代表的なものが
・下仁田ネギ
・九条ネギ
                ではないでしょうか?

下仁田ネギは鍋に最適!  九条ネギはその他の利用で格段に料理の味を良くしてくれます。(私はお好み焼き)

私は兵庫県の朝来にいって、「岩津ネギ」を食します。 これも鍋に合いますし、焼いて味噌をつけるだけでも美味♪

普通のものより若干値段は高いですが、鍋が特別な料理って感覚の私はこのネギなくしては満足できません。


また、ネギは風邪対策にも最適であると言われていますよね。
白い部分は淡色野菜、青い部分は緑黄色野菜になり栄養成分も異なります。

白い部分に多く含まれる「硫化アリル」は、魚や肉の臭みを消したり胃腸を刺激して食欲を増進させている、ネギ独特のにおいと辛味の成分です。
これには血行をよくして体温を上げる働きがあり、風邪の症状の改善や脂肪燃焼の効果が期待できます。
疲労回復や血液凝固の抑制にも良いとされています。

青い部分はビタミン・ミネラル・カルシウムなどの栄養素が豊富で、特にウイルスや細菌に対する抵抗力を高めるビタミンCが多く、風邪の予防対策には最適。

ただし、長時間の加熱や水にさらし過ぎると含まれている栄養素が損なわれるので気をつけてくださいね。

美味しい「ネギ」をたくさん食べて、寒い季節を乗り切りましょう!!


           IRORINET  http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


料理(カレーレシピ)

一人暮らしの人は、栄養も偏りがちになりますが野菜もチャンと摂りたいですね。そこであっという間に作れてしまうカレーレシピを紹介します。ひと工夫すると、簡単に無理なく野菜が一杯食べられますし、スパイスを使うので代謝アップにもなります。

フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにした、たまねぎ、人参、ニンニク、しょうがを弱火で炒め、さらに、鶏ひき肉を加えて炒めます。少量の水、ひよこ豆の水煮、カレールーを加えて溶かし一煮立ちさせると、鶏ひき肉と豆のドライカレー料理の出来上がりです。あつあつご飯にかけて、召し上がってください。

時間がない時には、食べやすい大きさに切った、にんじんや玉ねぎを耐熱皿に入れ、ラップをかけて電子レンジで加熱しておくと、料理の時間が短くてすみます。

残ったカレーは、具を潰してペースト状にし、カップ半量づつくらいに分けて冷凍しておくと、オムレツのソースなどほかの料理にも応用が使えて便利です。このように料理は、基本からだんだんに自在に発展していくのが楽しいところです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。